* 転職と就職 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
1回の就職で満足行く企業で働ける人はいない。だから転職なのさ。

2017年11月

カテゴリー


最新記事

過去記事

プロフィール

金融商品取引法違反
2010年02月08日 21:25:22 [転職]
 「バルチックカレー」をチェーン展開していた「バルチック・システム」(東京都港区、解散)が無登録で中国の重油輸入ビジネスへの出資を募ったとして、警視庁生活経済課は5日、バルチック社など2社の関係先数カ所を金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で家宅捜索した。同課は、バルチック社が08年5〜11月に全国約260人から約2億円を集めていたとみて、押収した資料を分析し実態解明を進める。

 他に捜索を受けたのは、出版会社「あいであ・らいふ」(東京都港区、破産手続き中)の関係先。捜索容疑は、国の登録を受けずに08年5月初旬〜10月中旬、あいであ社発行の月刊誌を郵送し、サウジアラビアから中国への重油輸入事業を紹介。「1口50万円で180口募集。年間配当金40〜78%」などと出資を募り、都内の会社経営の男性(60)ら3人に計350万円を出資させたとしている。

毎日新聞

そんな上手い話はないものと思っておこう。

Comment(303) | TrackBack(0)

天皇陛下、習中国国家副主席と会見
2009年12月16日 10:39:22 [日記]
 天皇陛下は15日午前、中国の習近平国家副主席と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。習氏は「忙しい中、わざわざ会見の機会をつくってくれたことに深く感謝します」と2度にわたって謝意を表明。陛下の即位20年に対しても祝意を表した。

 習氏は胡錦濤国家主席の最有力後継候補とされ、元首級や首相級の「国賓」「公賓」に相当する要人を簡素な形で迎える「実務訪問賓客」として来日。陛下は1998年4月、当時副主席だった胡氏とも会見している。

 習氏との会見をめぐっては、「1カ月前までに申請が必要」とする“1カ月ルール”に反するとした宮内庁を、鳩山由紀夫首相の指示を受けた平野博文官房長官(60)が「中国は政治的に重要」と押し切って実現させたため、野党などから「天皇の政治利用ではないか」との批判が噴出していた。


サンケイスポーツより

なんか、あまり政治のどろどろした所に、出て頂きたくはない気もします。

Comment(8) | TrackBack(0)

「親に連絡しないで」
2009年11月17日 15:59:11 [転職]
千葉県市川市のマンションで2007年3月、英国籍の英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された市橋達也容疑者(30)の弁護団が16日、千葉県庁で記者会見し、「親に連絡してほしくない」などと同容疑者が接見時に語った内容を明らかにした。

 弁護団は、千葉地検と県警行徳署に対し、取り調べの全面可視化のため録音、録画を求めたことも明らかにした。

 弁護団によると、逮捕翌日の11日以降、毎日接見。市橋容疑者は初日の接見で「親に連絡してほしくない」と話し、親を頼る考えはないという。接見で法律上の質問をすることもあるが、弁護団は「内容は控える」としている。

 16日には、本人の希望で衣服を差し入れた。市橋容疑者の様子について弁護団は「逮捕直後ということもあり、疲れて混乱している」と説明し、食事を取ったかどうかは「本人に任せている。食べたかどうか分からないが、『大丈夫』と本人は言っている」と話した。

共同通信

親に会いたくないなんてどんな心情なんだろう。

Comment(8) | TrackBack(0)

巡査長自殺
2009年11月12日 02:30:00 [日記]
 11日午前8時55分頃、千葉県浦安市美浜の浦安署3階の非常階段踊り場で、同署地域課の男性巡査長(41)が、頭から血を流して倒れ、死亡しているのを署員が見つけた。

 そばに回転式の拳銃1丁が落ちていた。同署は自殺とみて調べている。

 発表によると、巡査長は同日午前8時過ぎ、出勤して拳銃所持など装備を整えた後、間もなく姿が見えなくなった。同45分頃、「バーン」という音が署内に響き、署員らが調べたところ、巡査長が遺体で見つかった。

 拳銃の弾丸5発のうち、1発が発射され、右こめかみを貫通していた。発射弾は見つかっていない。病気やトラブルは特になく、遺書は確認されていないという。

 同署の豊田竜介署長は「署員が拳銃を使用して自殺したのは残念であり、誠に遺憾。再発防止に努めたい」と話している。
(2009年11月12日00時56分 読売新聞)


原因がわかればいいですね。

Comment(1) | TrackBack(0)

CIT:米ノンバンク、破綻を申請
2009年11月03日 00:21:06 [転職]
【ワシントン斉藤信宏】経営危機に陥っていた米ノンバンク大手CITグループは1日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破綻(はたん)した。米メディアによると、負債総額は649億ドル(約5兆8000億円)、今年6月末時点での総資産は710億ドルで、総資産規模では6月に破綻した自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)に次ぎ、米国内では過去5番目の大型破綻となった。

 CITは申請前に、約85%の債権者から債務の圧縮について同意を得て、再建期間中の資金繰りも手当てが済んでおり、GMと同様の「事前調整型破綻」になった。

 CITは「年内には会社更生手続きを終えたい」との方針を発表した。

 米政府は、金融安定化法に基づき同社に23億3000万ドルの公的資金を投入しているが、全額回収はほぼ不可能と見られ、今回の金融危機で初めて国民負担が発生するケースとなりそうだ。

毎日新聞

アメリカ経済って今後どうなるんだろう。

Comment(2) | TrackBack(0)


Discount Rates Hotel reservations Austria Boutique
(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.