* 株式用語から学ぶ投資の基礎 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
用語解説から学ぶ株式市場・投資情報

アメリカは不況の影響で貯蓄ブームに
2009年08月12日 15:34:50 [経済]
アメリカではサブプライム問題以降、景気が後退しています。

その影響か、アメリカでは貯蓄をする人が増えているようです。

アメリカの貯蓄率は2008年4月に0.8%で底を打ち、上昇傾向にあるそうです。

「借金してでもものを買うアメリカ人」と言われていましたが、だいぶ変わってきたようですね。

しかし、これは日本にとってはあまり良いニュースではありません。

というのも、日本の輸出企業にとって、ものをよく買うアメリカ人は良いお客さんだったからです。

つまり、アメリカ人が貯蓄率を増やせば、その分、日本企業の景気は悪くなるということです。

アメリカと日本は別の国ですが、経済としては1つの国といっていいくらいつながっていますからね。




TSUTAYA(ツタヤ)4枚1000円の延滞料金っていくら?

海外ドラマ LOST(ロスト)


インデックス
2007年07月23日 07:12:45 [投資用語]
インデックスとは、日経平均やTOPIX(東証株価指数)のように、株価の動向を示す指標のこと。

日本には、上記の他に、東証マザーズ指数や日経店頭平均といったインデックスがあります。

世界のどの市場にもインデックスがあり、アメリカではニューヨークダウやナスダック総合指数などが有名。

日経株価平均


損切り
2007年07月16日 12:00:48 [投資用語]
損切りとは、買った時よりも株価の値段が下がってしまった場合に、損を覚悟でその株を売却することです。

人というものは自分に都合の良いように考える動物です。

「いつかはきっと上がるはず!」と考え、そのままにしていくと、さらなる損失を被る可能性も多々あります。

しかし、上がる見込みのない株を持ち続けるよりも、損切りした株で得た資金を他の有望な株に投資した方が資金効率がいいのも現実。

損切りで多少の損をしたとしても、その後で有望株で儲けを出せばいいのです。

ちなみに、損切りしないで、そのまま株を持ち続けることを「塩漬け」と言います。


レバレッジ
2007年07月16日 11:55:37 [投資用語]
レバレッジとは、「てこの作用」を意味します。

投資では、借り入れの行うことで、自己資金を取引する何倍もの収益を狙える効果のことです。

例えば、委託保証金率25%の信用取引では、売買金額の25%の保証金を入れると、取引が可能となります。

レバレッジは、上手くいけば収益が多くなりますが、損失が出る可能性も多いのが現実です。


はじめまして。
2007年07月16日 11:51:15 [日記]
株をやる上でしっておかなければならないのは、株式用語です。

もし知らないで投資をするなら、それは、ルールを知らないで野球をするようなものですね。

当然ですが、ルールを知らなければ、その試合では勝てることはないでしょう。

当ブログでは、最低限知っておきたい株式用語、投資用語をおさらいしたいと思っています。

勉強ことそが、最高の投資です!


2017年3月

カテゴリー

最新記事

過去記事

プロフィール



Discount Rates Hotel reservations Austria Boutique
(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.