ボツ山日記
将棋ネタ中心の気まぐれ日記。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]






引っ越しました
「ボツ山日記」は、引っ越しました。

新しいページはこちらです。

2012/06/30 AM 12:10:13 | [ブログ]

ご無沙汰の理由
12月に入って全然ブログを書かなかったのは、不具合のせい。Internet Explorer で見るとスクロールバーが消えていて、下の方が見えない状況が続いていたのだ。これにはさすがに書く気が失せた。

最近、私のブログも含め一部復旧したようだが、未だ直っていないところもあるようだ。すくすくブログは無料であるせいか、不具合の復旧が異常に遅い。この状態が続くようなら、引っ越しをせざるを得ないか……

2011/12/26 PM 10:16:02 | [ブログ]

柏レイソル優勝
柏レイソル初優勝。

J2からJ1に昇格したばかりチームが優勝するのは初めての快挙。途中、首位にいた期間が長かったものの、優勝するかというと半信半疑、というより、ほぼないだろうなーと思っていた。

今日の試合は引き分け以下だとほぼ優勝できないという状況。前半はスコア 2-0、シュート数 15-0 と圧倒的優位でこれならと思ったのだが、後半に1点入れられて 2-1 になり、ライバルチームはいずれもリードという状況になった時はしびれた。ラッキーな感じで3点目が入った時に、本当に勝てるのではと思った。

優勝を争った3チームの最後の10試合はこうだった。

柏レイソル ○○●○○○○○△○
名古屋グランパス ●△○●○○○○○○
ガンバ大阪 ○△●○●○○△○○

優勝争いするチームとそうでないチームのモチベーションの差といえばそれまでだが、3チームとも凄い勝率で、特に最後の5試合がすさまじい。全くよく逃げ切ったものだ。

会社では、しばらくはこの話題で盛り上がりそうである。

2011/12/03 AM 12:27:54 | [スポーツ]

今年の将棋の総括
早いもので、職団戦が終わって今年の将棋は終了。総括をしたい。

今年は、社団戦では東工大OB会チームで2部優勝、職団戦では日立製作所チームでA級準優勝と、これ以上はなかなか望めない成績で、充実した1年だった。4-3勝ちや3-2勝ちが多く、ツキにも恵まれていたと思う。

個人成績は、社団戦11勝3敗、職団戦5勝1敗で、合計16勝4敗の勝率8割は上出来。ただし内容的には、社団戦は13勝1敗まで行けてたし、職団戦は6戦全勝できたはず……しかしこれは仕方がない。不利な将棋を逆転勝ちしたのもあるのだから。

戦形別では、次のようになった。

角換わり: 7勝2敗
相振り飛車:5勝1敗
四間飛車: 2勝1敗
相居飛車: 1勝
対振り飛車:1勝

対振り飛車が1局と少なく、相振りをよく採用した。練習将棋では対振りもよく指しているのだが、現在主流の早石田とゴキゲン中飛車に対してこれといった対策を持っていないのが原因で、今後の課題である。仕方なく指している割には相振りの勝率が良かったので、全体勝率も良かったのだろう。

学生時代にずっと指していたノーマル四間飛車も3回採用。内容的にはうまく行っていた。今後も気分転換程度に?指そうと思っている。

来年は社団戦で1部に上がるので大きなことは言えない。いつも通りに頑張ろう。

2011/11/27 AM 04:48:09 | [将棋]

第100回職団戦
職団戦も第100回ということで、指導対局棋士は高段者も含めて普段の何倍もいたり、女流プロチームが参戦したりと将棋連盟を挙げてバックアップをしていた。

日立製作所は3チームで出場。第2チームはA級初戦で何とクジ運よく女流プロチームとの対戦となり、あえなく0-5で撃沈していた。しかしその後の慰安戦で優勝し、転んでもただでは起きないといったところか。

私は第1チーム(クラスはA級)で出場。

1回戦は、東京都職員分科会との対戦。私が後手で相振り飛車。

後手:樋口(日立製作所)
後手の持駒:歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v銀 ・v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v角 ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v飛v歩|四
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 飛 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 角 歩 桂 銀 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ 銀 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 金 玉 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=38 ▽1四歩 まで

ここからいきなり▲9四歩▽同歩▲9三歩と仕掛けて来た。さすがにちょっと無理そうな仕掛けである。

後手:樋口(日立製作所)
後手の持駒:角 歩四 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
|v香v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v桂v歩v歩v歩v金v歩v角 ・ ・|三
| 香 ・ ・ ・v歩 ・ ・v飛v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| 飛 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ 銀 ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ 金 玉 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 
手数=49 ▲9六飛 まで

次に▲8五桂を狙ったところだが、▽8四歩と受ければ何でもなかった。が、考えずに▽3六歩と突き捨てて一歩渡してしまったのが敗着。これで▲9三香成▽同香▲9四歩の攻めを与えては切れなくなってしまった。先手玉が遠く、以下完敗。

チームは3-2勝ち。みんなのおかげで助かった。

* * * * *

第2戦はNEC(2)との対戦。後手番でやはり相振り。

後手:樋口(日立製作所)
後手の持駒:香 歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v玉v金 ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・v銀 ・v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v角 ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v飛 ・|四
| ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・v香|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ ・ 角 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩|七
| ・ 飛 ・ 銀 ・ 金 金 銀v歩|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 玉 桂 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 
手数=46 ▽1八歩打 まで

矢倉模様に対する棒銀から銀香交換になり、この局面に。善悪はともかく堅陣+攻撃という勝ちやすい展開だ。

後手:樋口(日立製作所)
後手の持駒:歩八 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 銀v桂 ・v金v角 ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v銀v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 香v歩v歩 ・ ・ 圭 ・ ・|三
| ・ 歩 ・ ・v歩 金 ・ ・ ・|四
| ・v歩v銀 歩 ・ 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・v全 ・ ・v香 歩 ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・v龍v歩 ・v杏 ・|七
| ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 角 玉 ・ ・ 金|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=115 ▲5八飛 まで

先手の粘りに手を焼いたが、ここから▽4八歩成以下全部清算して▽2六角から▲4四金を抜いたのが決め手。快勝することができた。

チームは、分の悪そうな大将戦と3将戦を、高島さんと松本さんがいずれも快勝しての3-2勝ち。0-5まであるかという感じの当たりと思っていたので驚いた。後で考えるとこの勝利が大きかった。

* * * * *

第3戦は、JX日鉱日石エネルギーとの対戦。3たび後手番の相振り。

後手:樋口(日立製作所)
後手の持駒:歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v角 ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩v飛v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 歩 飛 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|六
| ・ ・ ・ 銀 歩 歩 歩 歩 ・|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=31 ▲8六歩 まで

▲8六歩に反応して▽2五飛▲5八金左▽6四銀としたが、動き過ぎの疑問手。咎められて苦戦に。中盤はじっと辛抱する展開になったが、意外と差を広げられずに済んだ。

後手:樋口(日立製作所)
後手の持駒:角 歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v金 ・v飛 ・ ・|四
| ・ 歩v銀 桂v歩v桂v歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 歩 歩|六
| ・ ・ ・ 銀 ・ 金 歩 銀 ・|七
| ・ ・ 歩 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩四 
手数=111 ▲4六飛 まで

30分切れ負けの持ち時間、先手の方が多く消費していたこともあり、上図から▲4三角を防ぎつつじっと▽4四飛としたのが印象的な一着。▲3三角▽4一飛▲4二歩▽2一飛と進んだ局面で先手に有効な手がない。これで好転したようで、以下勝ち。

チームも4-1。調子が出て来たようだ。

* * * * *

第4戦は富士通(2)との対戦。後手番一手損角換わりに。

後手:樋口(日立製作所)
後手の持駒:角 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v銀v金 ・ ・|二
| ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩v歩 ・v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 銀 歩 ・ 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=31 ▲7五歩 まで

早い▲7五歩に反応して▽6三金▲5八金▽7四歩▲同歩▽同金と進めた。

後手:樋口(日立製作所)
後手の持駒:角 歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩v歩v金v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 銀 歩 ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=38 ▽3三銀 まで

ここで先手の指し手は何と▲7一角。これでは▽5二飛以下、角が死んでいる。以下、無茶苦茶に暴れてくるのを面倒見て、全駒モードの圧勝。A級でもこんな見落としもあるということか。

チームは3-2。3連敗だった田中さんが片目を開けたことが勝利打点になった。実に良いチームワークだ。

* * * * *

準決勝は、日本生命との対戦。今日初めて先手番になり、右四間模様。後手の不用意な一着を見て、居玉のままの決戦に行った。

後手の持駒:飛 銀 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・v銀v金 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・v歩 ・ ・ ・ 角v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 金 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:樋口(日立製作所)
先手の持駒:角 金 歩二 
手数=27 ▲4四同角 まで

ここで▽3三桂が敗着。▲6五角が金取りと▲8三金を見て早くも技ありである。

後手の持駒:角二 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v玉 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ 金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v銀v銀v歩v歩|三
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 金 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:樋口(日立製作所)
先手の持駒:飛 桂 歩二 
手数=37 ▲7二金 まで

一時的に駒損ながら、十分に取り返せる形。ここで▽6一角と粘りに出たつもりが▲同金▽同玉▲8三角の王手飛車で勝負あり、以下圧勝。後手の人にとっては不本意な将棋だったろう。

チームはまたも3-2。前局に続き田中さんが勝ち、岡和田さんが勝利打点。実に勝負強い。

* * * * *

決勝戦はNTTデータとの対戦。NTTデータは準決勝で女流プロチームを4-1で破っていた。私は後手番になって一手損角換わりに。

後手:樋口(日立製作所)
後手の持駒:角 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v玉 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v飛v金 ・ ・|二
| ・v歩 ・v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 桂 歩 歩 歩 銀 ・ ・|七
| ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=36 ▽4五歩 まで

ここでは既に後手が作戦勝ち。ここから▲2六銀!▽4六歩▲同歩▽同飛▲3七銀とトリッキーな手で来たが、冷静に▽4二飛で▲4六歩と打つしかないのではポイントを上げた。

後手:樋口(日立製作所)
後手の持駒:桂 歩二 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v飛v金v玉 ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v銀v歩 ・|三
|v歩 ・ ・v歩v金 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v馬 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 銀 歩|六
| ・ 銀 金 ・v歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ 角 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩 
手数=92 ▽5七歩打 まで

局面進んで、この歩が痛打。以下▲4七角▽5八歩成▲同角▽6六桂と進んで有利から優勢に。この後、かなりもたついたが、持ち時間でもリードしていたこともあり、全体的には快勝だった。

チームは全体的に好勝負を演じていたが、惜しくも2-3負け。A級準優勝となった。

* * * * *

今日は主力2人を欠いた状態で、メンバ的に苦しいと思っていたので、3-2勝ち4つという実に絶妙のチームワークで準優勝とは全くの望外だった。他の2チームもそれぞれ好成績で良かった。

個人的にも最初負けたが尻上がりに調子を上げての5連勝で貢献できて嬉しい。次回以降も優勝を狙っていこう。

2011/11/20 PM 10:47:15 | [将棋]



Discount Rates Hotel reservations Austria Boutique
(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.