* 投資と金融 メロン * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
投資や金融、経済のことなど

カテゴリー

最新記事

過去記事



保険のニーズは、「掛け捨て型」へ
2013年05月30日 22:45:41 [投資]
貯蓄型である終身保険、養老保険と、掛け捨て型である定期保険の保険料にはかなりの差があるようです。

現在は、生命保険の貯蓄性が十分に発揮されない状況が続いています。
ニーズが、貯蓄性がない代わりに安い保険料で大きな保障を用意できる掛け捨て型へと移行してきました。
掛け捨て型の保険を利用して保険料を安くおさえ、固定費を削減した分、貯蓄や他の支出に使うという合理的な考え方が、現在の経済状況にマッチしているようです。
また、超低金利の今、保険の予定利率(保証利回り)も非常に低い水準。
このような時期に加入すると、一般的にはその低い予定利率が期間中ずっと適用されるため不利となります。
そのため、現在のような環境下では、掛け捨て型の保険を中心に準備するのが合理的な考え方といえるのではないでしょうか。

とはいえ、生きている間に、保障が全くなくなってしまうのは不安という方もいらっしゃるかもしれません。
そうであれば、子育て期の大きな保障には定期保険を、生涯を通して確保したい保障は終身保険を利用する、といった方法はいかがでしょう。
貯蓄型と掛け捨て型を上手に組み合わせ、家計に無理なく、その時々に必要な保障を準備するようにしたいものです。

貯蓄性のある保険を選ぶ場合は、中途解約のリスクに注意が必要です。
子どもの教育資金を用意するための学資保険などがあてはまります。
貯蓄性のある生命保険の場合、中途解約をすると、払い込んだ保険料より戻ってくるお金(解約返戻金)が少なくなることがほとんどなのです。
貯蓄性を目的として生命保険に加入する場合は、中途解約時のリスクを確認しておくといいでしょう。

OL株式投資OL株 投資株式投資銘柄選び株儲かる株式投資ブランド生活必需品セクター銘柄KXIエネルギーセクター銘柄資産運用方法お金を増やす方法分散投資 資産運用REIT分散投資資産配分インカムゲインインデックス投資外国株式投資外国株購入外国株ETF海外ETF米国株式トップダウンアプローチ方法生活必需品セクター株式投資海外ETF利子収入債券のリスクETF債券外国債券インデックス米国国債投資米国株買い方お金持ちになる方法外国債券老後の貯蓄お金の増やし方 債券株式投資サラリーマン副業おすすめ副業ネットビジネス投資信託おすすめETF投資資産運用





くりっく株365の取引時間とメリット
2013年02月17日 21:36:45 [投資]
FXのくりっく365の場合、ほぼ24時間取引できますが、くりっく株365の場合、取引時間はどうでしょう。
くりっく株365は株価指数によって取引時間が異なります。
馴染みのある日経225証拠金取引の取引時間に限定した例だと、くりっく株365の日経225証拠金取引が始まる時間は午前8時30分。
これは現物株式より少し早く取引がスタートしますが、取引終了時間が現物株式の場合と大きく違ってきます。
現物株式の場合、原則として午後3時に取引終了になりますが、くりっく株365の場合は、翌日の午前6時が取引終了時間になります。
ほぼ24時間取引が可能というわけです。

午前6時から午前6時30分までの2時間半は取引できませんが、午前6時まで取引できれば、米国市場の値動きをカバーできます。
これは現物取引にない メリットになります。

具体的なメリットがあるのかというと、例えばサラリーマンの方が、午後9時前後の帰宅時間とすると、それから日本国内市場の現物株式の売買をリアルタイムでやろうとしても、基本的には難しいですが、くりっく株365なら、午後9時に帰宅してからでも、 リアルタイムで日経平均株価などの売買ができます。
現物株式だと、どうしても時間的に無理があるけれども、くりっく株365なら十分に対応できるるというわけです。
あとは、米国の株価動向などをチェックしながら、日経平均株価を売買できるというメリットが大きいです。

日経225先物は午後11時30分で取引が終了してしまいます。
この日経225先物は日本の証券取引所だけでなく、米国の証券取引所にも上場され、取引されています。
そこで取引されている株価が、翌日の日本の市場に大きな影響を及ぼします。

例えば、米国で日経225先物が大きく下げた場合など、翌朝の日本では、前日の終値に比べて、大きく下落した水準から取引が始まることがあります。
もし、そこで売っ て利益を確定させようとすると、すでに大きく下げた水準から取引が始まるので、前日に想定していた価格から大きく乖離した水準で売買しなければならなくなります。
くりっく株365なら翌日の午前6時まで日経平均株価を取引できるから、米国で株価が大きく動いた場合でも、それにリアルタイムで対応できるというメリットがあります。

国内市場で現物株式や日経225先物を売買している人にとっても、くりっく株365で日経225を売買するメリットがあるというわけです。
ここ数年、日本の株価は米国の株価への連動性を強めているので、米国市場の動向をウォッチしながら日経平均株価を売買できるということは、とてもメ リットが大きいと思われます。

お金を引き寄せるお金持ち近道サラリーマン不動産投資資産を買う
不動産投資サラリーマンのアパート経営サラリーマンの中古マンション投資
お金持ちアイデアお金持ちになる理由金持ち父さん
社債ETF米国債米国債券ETF外国債券
老後資金足りない老後資金貯める老後 運用老後資金老後の貯蓄



投資ポートフォリオ運用の中での債券の意義
2012年08月16日 19:28:22 [投資]
欧米の年金基金や大学基金といった機関投資家が心がけているのは、投資先を広く分散したポートフォリオを作り、目標リターンを上回るように管理していくことです。
機関投資家のポートフォリオには、資産額が大きいがゆえに投資可能な、私募のヘッジファンドなども含まれていますが、考え方の基本は個人でも変わりません。
金融商品別、地域別に自分が管理可能な限り、広く分散することです。
そして、各投資先の性格を念頭に、配分変更などを管理していくのが投資家のミッションといっても良いかもしれません。

金融商品や現物資産での投資ポートフォリオ運用の中で、債券の意義を考えてみたとき、債券は、多くの金融商品の中で比較的安全性の高い資産と位置づけられています。
株式にしても不動産にしても、たいていの金融商品は大きく値上がりするときがある一方で、大きく値下がりするときもあります。
それに対して債券は、とりわけ優良な発行体のものを選んでおけば、予定外の値上がりも値下がりもほとんどありません。
つまり債券は、ポートフォリオの中で、華々しい値上がりをすることはありませんが、ほぼ予定した利回りを期待できる部分です。
さらに言えば、債券の発行は、国や企業が「発行時に一定の利息を払います」と宣言し、ある一定期間資金を借りることに他なりません。
投資する側からすれば、発行者がデフォルト(債務不履行)状態にならない限り、満期まで保有するといくらの利息が入るか最初からわかっています。
個人投資家からすれば、日本国債は銀行の定期預金とほぼ同じ感覚で見ることもできます。



ETN(指標連動証券)
2011年12月19日 21:23:03 [投資]
ETN(イー・ティー・エヌ)とは、「Exchange Traded Note」の略で、「上場投資証券」または「指標連動証券」と呼ばれる上場商品です。
ETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)と同様に、価格が株価指数や商品価格等の「特定の指標」に連動する金融商品です。

「Note(債券)」が示すように、金融機関(発行体)がその信用力をもとに、価格が特定の指標に連動することを保証する債券であるため、ETFとは異なり、証券に対する裏付資産を持たない(必要としない)という特徴があります。
欧米の株式市場では、ETNはETFに次ぐ上場商品として活発に取引が行われています。
欧州では「Listed Certificates」といわれています。


ETNの特徴

国内株式と同様の取扱い
ETNは、外国ETNを信託財産として発行されるJDR(信託受益証券)形式で上場されるため、取引方法、手数料、税制等は国内株式と同様の取扱いとなります。譲渡益・分配金については、特定口座の計算対象となります。ただし、償還金については、特定口座で計算されないため、確定申告が必要となります。
なお、信用取引は、当社では取扱いしません。

裏付けとなる現物資産を持たないため、幅広い指標に投資が可能
ETNは、発行体となる大手証券会社や銀行などの金融機関が対象指標との連動性を保証することとなるため、裏付けとなる現物資産は保有していません。
ETNは、外国人への投資規制が存在する新興国株式や、希少資源、時間の経過とともに劣化してしまう農産物等のように現物資産の保有が困難な対象指標であっても組成可能となります。

トラッキングエラーが発生しない
ETNは、発行体の金融機関が対象指標とETNの償還価額が連動するよう保証するため、運用に掛かる手数料分を除き、償還価額と対象指標の間のずれ(トラッキングエラー)は発生しません。

海外ETF購入外国債券ETF株式投資 インデックス
老後の貯蓄額教育資金準備老後資金運用



投資 ポートフォリオ
2011年05月12日 21:13:24 [投資]
異なる資産に配分することが、投資の鉄則です。
そして、そのようにして配分されたあなたの財産をポートフォリオといいます。
このポートフォリオがあなたの目標に向かって健全に働いているかを定期的に診断し、必要に応じて調整していくことが大切です。
ある資産だけが大きくなって全体のバランスが崩れていないか など、まずはチェックが必要です。
そして、育ちすぎた資産の一部を売却し、少なくなっている資産の追加購入にあてる等の対処も考えなければなりません。
このように考えると、自然とあなたにとっての売り時と買い時が見えてくるのではないでしょうか。





Discount Rates Hotel reservations Austria Boutique
(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.